2007年 10月 02日
草刈欠席
友達の子供爆弾2発(園児)をモロにくらい、瀕死です。

膝に2発搭載した状態で
ニモとモンスターズインク、
ハリポタ一作目の解説をずっとしてましt


弾1「なんであんな古いキップなのー?ハリーどこいくのー?」

団子「魔法の汽車に乗るから特別なキップなんだよ、魔法の学校に行くからね」

弾1「なんで魔法の汽車のるのー?これー?魔法の汽車これー?」
弾2「わかった!!魔法の汽車でびゅーんなんだ!空とぶの!!」

団子「これは普通の汽車だねえ、魔法の汽車は秘密のホームにあるからねえ」

弾1「秘密のホームってなにー?!!ねえ秘密のってどこ!!見えない!!」

団子「空とぶかなあ、見てみないとわかんないねえ、秘密のホームはひみつだからねえ」

弾2「おかーさん!おかーさん見て!いまから魔法の汽車のるの!」

母2「うんうん、すごいね(聞いてない)」
弾2「魔法…の汽車…」
弾1「ねー!秘密のホームどこにあるのー?」

団子「どこかねえ、魔法使いにしか入れないところだねえ」
弾2「わかったー!!●●ちゃんわかっちゃったー!
   あのね、ハリー失敗して乗れないの!秘密のホーム行けないんだよ!!」

団子「どうかなあ、やってみないとわかんないねえ」

弾1「ハリーが杖でどかーんて!いっぱつでこわしちゃえばいいんだ!!」
弾2「ばーん!!!キャハハハ!!こわしちゃえー!!!」




すいません、真人間のフリをするのはことのほか辛かったです。

10年ぶりぐらいの友達4人で会ったはずなのに、6時間も何してたんだろう…。
(今年の夏はカジノで遊んで香港行ってとか□□㎡のマンションなら△千万ぐらいなら安いとか
 通販にハマっちゃうとか、そういう話題に加わるよりはマシだったかもしれないが)
[PR]

by excedrin | 2007-10-02 21:21 | FF11


<< 絵描きバトン      おおええ再び >>