2007年 09月 01日
おおええ再び
フルVerを何度も聞いてるうちに
作詞作曲が歌ってる本人なことに気付く。

どういう感覚でこれ作ったのか知りたかったので公式HP見てみた。





===本人ブログより転載===


4/11

「アンインストール」は曲が出来たときから
自分が心底、こういう曲作りたかったんだよと
思えた曲でした。

子供は親を選べない。生まれた時から親の見るもの、聞いたもの、クセ、信じてるものをこちらは選択の余地もなく、
一方的に「インストール」される訳で。

成長するにつれ、あれ?違うじゃん!って思うことが
出てきたとしても、長い間クセつけられたものは
すぐには変えられない。

それから抜け出す。取り出す。
だから「アンインストール」ってことで、
この曲を作り始めたのが最初でした。
それは私自身でもあります。

そこへ「ぼくらの」との出会いがありました。
「ぼくらの」の子供たちはそれぞれ対峙する親との
問題がバックボーンにある話なので、
なんかとても楽に作品づくりに行けたかな?と
思っています。

「インストール」より「アンインストール」の方が
難しい・・・

最近はそう思ったり?してます。


===転載おわり===

あのシンクロ率は原作を理解した上で作った、だけじゃすまされないだろ。
というかなんでイントロに「おおええああええ」が来るのかも知りたかったwwww

チョト、ショパゲのラスボスママに通じるものがあるような気がして
よりたまらない具合になってます。

絶望先生のEDも(未発売だけど)スゲーいい。
けどやっぱおおええああええ最強だな。久々のフルヒットだ。
[PR]

by excedrin | 2007-09-01 20:34 | リアルァ


<< 草刈欠席      そんなだから国が・・・ >>