2007年 07月 19日
おめでとう自分。気をつけろ自分。その2<後編>
~前回までのあらすじ~

いい歳してでしゃばるんじゃないよこのスットコドッコイが、と
暦の上でたしなめられている身で年明けのキリバンを引き当てた【袋】。
もうこれ以上ラッキーがきたら本当にフォローきかねえよという危機感は1ヶ月で消え去り、
春には新しいことを始め、そしていま、再び一生に一度あるかないかの果報と
反動のアンラッキーにガクブルする日々を送る。



名前案をその記事コメント欄に記入して数日。
あっさりと「それに決めました」というレスを頂き、腰をぬかす。

もっとこう“候補は●●、□□、△△、・・・ で、いまどれにするか検討中です”みたいな
平成教育委員会の「カンガエチュウ。カンガエチュウ。」とかそういうのはないんですかwww

自分が挙げたのは「トット」

スワヒリ語で“ちいさいこども”の意。
「窓際のトットちゃん」こと黒柳徹子がユニセフ親善大使としてタンザニアに赴いたとき
それを知って運命を感じたといわれる、あの単語。

ポッポ(鳩)コッコ(ニワトリ)クック(靴)ピッピ(長靴下)のように
おなじ音が繰り返される単語は
日本において、言葉を扱い始めた幼児が口にしやすいものとして認識されており、
[幼さ]が連想される。
それによりその音を聞いたときに[かわいらしさ]を感じることができ、
通常よりもちいさいサイズを総称するにふさわしy


いや、なんとなく「トット」っていいんじゃねーかなーと思って挙げました。


で、1週間ちょい経った頃
c0043843_11244233.jpg

(※水揚げせんといかん!と思ってガスガス梱包はいでる最中に
  写真撮ること思い出した為きれいな状態じゃないのが悔やまれる)

ウヒョー!!!ヽ(☆∀☆)ノ

c0043843_11271830.jpg

配達してきた兄ちゃんが「何なのこれ」みたいな顔してたけど
関係ナーイ!!




<続く。webはここです。>
[PR]

by excedrin | 2007-07-19 11:18 | MAUA(花)


<< イタリタイー      おめでとう自分。気をつけろ自分... >>