2005年 02月 03日
殿中でGOZARU(前)
サンドリアに住まう姫とウィンダス在住のG(ズィー)との妄想RP。
貴殿は付いてこれるか!?
(※殿中でGOZARU(序)を先にご覧下さい。
  アイテテ…と思った方はヌルー必須項目です)





サンドリアでお会いした姫は、それはもう可愛いらしい方で
持ち前の利発さがその髪のキューティクル具合からもわかる程であった。
c0043843_1418517.jpg




少々無理をしすぎな部分もありはするのだが・・・。


c0043843_1412930.jpg

...。


ってこの口調疲れる・・・。
目の前に萌えタルいないとやってられんわ。



=====終了=====(え・・・っ)



いや、普通の口調で・・・。


なんとなく「低Lvはロンフォ」っていう感覚が強いので赤2人(Lv1)で特攻。
Lv上げというか妄想モロ出しごっこっていうか(下劣)。


同じ赤Lv1同士でも、種族としてのHPとMPの差が顕著だった。
当然タルのマゲ姫は打たれ弱い。
なのにHP回復待たずにゴンゴン兎に向かっていく。


「イタタなマクロでも作るか」


G「いいね」


「Forest Hareやるのじゃ」

マゲはForest Hareにディアを唱えた。


早!!
てかまだワシらLv1・・・!!


G「あああ、姫・・・無茶を・・・」

強そうな相手ですとか手出した後に判っても意味ネーwww


「じぃ やるのじゃ!」


G「はっ」



Gは、Forest Hareに倒された・・・・・・。



なぜかウィンダス森の区にバッシヴゲートされるG。


「じぃwwwwwwwwww」


やべ、HPウィンのままじゃ・・・。○∠\_ダメ爺でゴメン・・・

モグに飛ばしてもらおうとゲートに向ってた途中
姫が、ついでにウィン産ツリーゲツしたいと言ってくれて
Gウィンにて待機。

森の区に飛んでくる姫。
いや、今回のクリスマスイベント便利でいいワァ。



それにしてもやっぱタルはウィンが馴染むよな。うへへ。
c0043843_14322054.jpg

        非常にわかりやすい「タルタルがウィンダスに馴染む」図↑


G「ツリー職人の所へ参りましょう、姫」

「それよりウサギなのじゃ」

G「ウサギをご所望ですか?」

マゲ姫はGにうなずいた。

・・・ッかわい・・・い・・・不覚・・・ッ。


サルタに出てぺほぺほウサギに走り寄るマゲ姫。それを追うG。


「Savanna Rarab やるのじゃ」

G「サルタの兎は少々手強いですぞ」

マゲ姫の攻撃→Savanna Rarabに、7ダメージ。

・・・って聞きゃーしねぇ(惚)
それ同強っスwww固いっスwww
でも二人だし、一応撃破。


「注意も聞かず突っ走り候」

そんなこと言われたら・・・

G「姫様のお好きなように」(甘スギ)

あ゛ー。ダメな目付け・・・でもいいんだ・・・だって可愛いんだもんよ!!

周りにも低Lvが何人かいて、結構枯れ速度速かったので
マゲ姫はすいすい奥へ行こうとする。

Gが前方に黒い物体を目視確認し、目付けらしく警告を出す。

G「姫、お気をつけあそばせ」

「じぃ、アレは?」

マゲ姫はYagudo Initiateに指差して見せた。

 あ・・・姫サンドリアで育ったからご存知ない・・・!

G「ヤグードというものですぞ」

G「大変強暴で、好戦的な輩でございます」

簡潔かつ分かり易い説明だ・・・。我ながらGJ。
ささ、マンドラが生えて参りましたから向こうh


「じぃ、go」

G「Σ(゚Д゚)」

え・・・と



Yagudo Initiateは、とてもとても強そうだ。
攻撃力、防御力ともに高いモンスターだ。





Yagudo Initiateは、とてもとても強そうだ。

攻撃力、防御力ともに高いモンスターだ。








c0043843_19101723.jpg









とてもとても強そうだ。


G「は・・・ハッ只今・・・」

できる限りの魔法を・・・・・・ってディアしかねぇんだが?!!!(涙目)


もういい、エロバンのNOUKINパワーに賭けよう・・・。

G「Yagudo Initiate発見、即釣りディア候」←ディアマクロ




 ・・・

なんか異様に当たらない。
そしてヤグ殴り痛・・・


ウォッフ・・・

Gは、Yagudo Initiateに倒された・・・・・・。


G「wwwwwwwwww」

「じぃ!」


直後、当然のように姫に猛突進するヤグ。

マゲ姫は、Yagudo Initiateに倒された・・・・・・。







c0043843_14362283.jpg


G「姫wwwww」

「うはwwwwwwムリwwwww」


うん、知ってたwwwwww



姫もまた、サンドHPのままだったので、再度ウィンに飛んでくるらしい。


いや、もっと安全にぺしぺしするつもりだったんだが・・・。


G「サルタは恐ろしい所ですぞ・・・」

「わかったのじゃ・・・」

じゃ、次からは丁度~楽でいきまs

「黒魔法覚えてリベンジなのじゃ」

これぜってぇまたとてに突っ込む気だ・・・○∠\_
やっぱウィンよりロンフォのがいいかな



G「姫はロンフォールとサルタバルタ、どちらがお気に召しましたかな」



「ヤグード」








G「・・・先ほどの場所でお待ち申し上げております」

                                       
あきらめのG。
この身を姫に捧げるって最初に誓ったわりに弱気のG。

それじゃつづく。
[PR]

by excedrin | 2005-02-03 21:03 | FF11<倉庫生活>


<< 殿中でGOZARU(後)      殿中でGOZARU(序) >>