2006年 11月 04日
ぞうさん2
自動車是忍耐

いっかげつぐらい まえ すずかさーきっと に えふわんを みに いきました。





●新幹線、名古屋駅に近づく
 
 乗る便を指定されてのツアーだったので、
 「その先の行程等は車内で説明します」となっていた。

 新幹線切符に同封されていた行程表はA4用紙1枚のみ、
 しかも行程にいたっては数行で説明が終るほどの簡素さwwww
 ごめん、【袋】こんなんじゃ不安でおなかいっぱいwwwwww

    というわけで、前日までに「途中で起こりうるアクシデント対処について」やら
    「どの時点で何を用意するか」やらを薄いA5版ノートに
    MYタイムスケジュールとして書いておいた。(しかも手書き。キショい)
 
   自分の番が来るのを、そのノートを手に待つ。
   書き加えることがあるんだよな、「乗る、観る、寝る」しかないわけないよな!!


 違う車両にいた添乗員が座席表と照らし合わせて名前の確認をしてくる。
 ついに自分たちの順番になり、公式観戦ガイド(毎年会場でもらえるもの)を渡され
 駅についてからの注意等を受けた。

 ここで衝撃の一言

「名古屋に到着しましたら、そのまま改札を出て各号車ごとにまとまって頂きます。
 あ、もちろんトイレに行く時間はありません。^^ 
 人数確認おわり次第すぐ移動します。運が悪くなければ2時間ほどで到着します。
 それから、サーキットまでノンストップですから、トイレの為にPAに寄ることもありません。」

 

 その瞬間、ノートの存在価値がいっきに下がった。
 

 説明を受けてしばらくすると、1人、また1人と席を立ちトイレに列を作り始めた。
 
 今、(F1とは全く関係のないところで)皆の心がヒトツにwwww



自分は極致的にマイクロバスを受付ない体質だ。
そこから先、サーキットに近くなるまでの記憶がない。


エクトプラズム現象を起こしていた【袋】の耳に、「ぱおーん、ぱおーん」という音が聞こえはじめた。

うほwwwwwwwwwwテンションうpwwwwwwwww

カーテンのスキマから、祭りの空気がギュンギュンしてくるwwww

酔ってなんざいwwwwらwwwwwれwwwwwねwwwwwえwwwww
がばっと起きて目ギンギンにしつつ周囲を観察する。

予選前のテスト走行中だった。
ちょっとトンネル風味なところをバスが走ったら、丁度真上をマシンが通過した。

うはwwwww本物wwwwwテラスゴスwwwww
TP300%ブッチギリwwwwまwwwwしwwwwたwwwwwww

今回は、自分も祭り好きの血に助けられた、ということにしておこう。(急に冷静)


他のツアー客も(当然自分らより年季入ってるので)色めきたって
無言の「早く降りたい」「早く席に向かいたい」が伝わってくる。

バスを降り、ガツガツ歩く。
普段は髭Palの速度にあわせているが、無心になっていたので
競歩状態だったようだ。
カバンのヒモを握られ、「奥さん速過ぎ。急いでも仕方ないよ?」等諭される。


c0043843_4194763.jpg

[PR]

by excedrin | 2006-11-04 04:00 | リアルァ


<< 海藻      ぞうさん1 >>