2006年 07月 08日
新ジャンル・優鬼畜サド
皆にとっては、激しくどうでもいいことなんですが

ウィン倉庫で裁縫メガネを取りました。
おめでとう自分。その情熱キショイよ自分。前からだよ自分。その気力ジジイ戦に回せよ自分。


この先は気色悪いことしか書いていないので、耐性のある方のみどうぞ。↓



作成当初は
ねえさんの倉庫であるマゲタル姫の執事(お守役)RP用&食糧倉庫だった
GGも

主人であるマゲタル姫のまさかの失踪と
【袋】の調理スキル師範取得及び特殊合成ALL取得に伴い
主だった役割がなくなり
特に何をするわけでもなく、蒸留水転売等のせせこましい活動をするのみの日が続いた。


ウィンダスは無駄に競売~モグハウス間が遠いのが前々から気になっていたので、
より便利にするため、黒17まで上げデジョンを習得させた。

合間にやっていたクエストのおかげで名声も上がりきり
これで倉庫としての状態は(【袋】としては)最高になった。

が、何かが足りない。

そういえば、最初の頃
いつか裁縫メガネかけさせて、「変わった性癖をもってるエロバンRP」したい
とか書いてたような記憶が・・・

金も(地道な蒸留水転売で)100万は貯まったし、それを元手に
チマチマ裁縫スキル上げてチマチマ納品していこうと思い立った。

かくして、キショイ理由を原動力にした納品生活が始まった。

金使うって決めたんだから指定品競売買いしてガブガブ納めて速攻で取ればいいのに、

基本的に貧乏性な為に素材を底値でギルド買いしHQ狙って自主制作
売ってない(or高い)ものは分解やマンドラからじわじわ盗む等、
やっぱりいつものクセがぬけず効率は最悪だった。

なので自然とシーフ、白ともにlv15まで上がり、
金は逆に130万まで増えていた。

===

黒髪で(ここ重要)、一見いい人そうで、穏やかそうで、優しい笑顔が似合っちゃって
頼まれたら断れない風味なのにちゃんと線引くところはきっちりしてて、
さりげない気遣いとかもできて、口調がやわらかくて、一人称は「私」で・・・

等と永遠に夢がひろがりんぐな見た目の
(お前どれだけの理想をこのフェイスタイプに求める気だ
当倉庫ですが


c0043843_531160.jpg

メガネをかけたとたん、
中身は鬼畜入ってそうで、人でなし思考してそうで、特異な部分のフェチがありそうで、
おまけに実はネチネチサドで・・・という

とても素敵なひとになりました。


今、とっても充実した気分です。

強力な電波を発しているのは前からです。


さーて、メガネに似合う装備でも見繕うとするか。
やっぱす襟が高い位置にある外見のがいいよな
このウォーアクトンとか王国なんちゃらっていう赤いの、いいねえ
(装備レベルチェック)

やめた。


※後日、マゲタル姫が無事復活された折、再び執事として採用していただきました。
[PR]

by excedrin | 2006-07-08 05:39 | FF11<倉庫生活>


<< 3勢力      ウメボシ改め >>