2005年 10月 11日
くねくね団
朝イチでV.upDLして、上層ミスラにくねくねしてもらおうと話しかけた。




以下ネタバレ



<ジュノ上層>
くねくねミスラ、あいかわらず鏡に執着。
持っているだけでは飽き足らず、元の状態にしたらもっと綺麗でステキングになるはず、等の
無理難題を押し付けてくる。

ウィンの図書館に文献がある は ず だから行ってこい、という
果てしなく不確定要素の強いお使い内容に軽くイライラする。
隣にいる山賀君(本名:ヤーガウミガ)の藁を束ねたような頭頂部をみて少し落ち着く。

くねくねならず。



<ジュノ港>
飛空挺に乗ってウィンへ向かう。
スゲエ人数が乗り場で待機している。
外人タルが「お前らみんなフェロクエすんの?ねえ?ねえ?」と
興奮状態でぐるぐる走り回っていたが、
近くにいたヤンキー顔ヒュームの「no」という端的な答えにピタリと動きが止まる。

飛空挺到着。
静かに全員乗り込む。


<ウィン港>
到着と共に一斉に走り出す。
全員港のモグハへ。これはいつもどおり。


<ウィン水の区>
モグハ出て、サルタ出口に一番近い目の院に向かう。
モグハから見て右側の扉を開け、
某禁煙ガム『ニコ○ット』のCMに出てくる折れたタバコのコスプレをたしなむ院長に話しかける。タルゆえに身長が足らず、折れた状態を作ることは不可能だったようだ。

彼をタゲる直前に、同様に話しかけている他のPCを見て

全員が一緒の飛空挺に乗っていたことに気づく。
だったらあのタルに返事してやれよwwwwwwwww(←お前もな)

ムービー開始

院長に話しかけはしたものの、実際ムービーの主役はヒラ院生の袋タルだった。

院長は何も判ってないようで最終的に「ム」×16でその場を誤魔化しはじめた。
本棚の間から現れる山賀君。
c0043843_1593911.gif「ちょっと奥を覗いてきたが、あんなに量があったのでは、
  どこから手をつけてよいのかわからないな……。」

自分が院長と話ている間に見切りをつけて、蔵書をあさっていたようだ。
ナイス分業。刑事ドラマのような手際のよさに惚れ直す。
(結果的に見つけてないが)

そのままムービーは続きヒラ袋タルの独り言を聞くハメになる。

彼女から出された課題:
『白パン・白身魚のシチュー・ウィンダス風サラダ
 バイソンステーキ・雪山のロランベリー・サンドリアティー』以上をまとめて院長に渡すこと

袋タル「ぐううううううううううう。 そうねぇ……、」
袋タル「あのね、あたし……、院長さまに、贈りものがしたい か も し れ な いわ。」


なんで予測口調?
しかも明らかにお前の腹が鳴ってるんだが・・・
つかその前の独り言で「ハラヘッタ」風味なのが聞こえたんだが…

だが、そんな見え透いた詐欺にも山賀君はマトモに対応しようとする。
仕方が無いので材料を揃えて自作する。
ちょっとだけ、調理やっててよかったと思った。が、その思いはすぐに打ち消された。

調理の材料を集めるのに重宝するレンブロアが今週はサンドが3位の為
何も無いに等しい状態だった。ウィンも2位で普段売ってるものもない。

白パン(炎)
サンドリア小麦粉(サンドorバス)
セルビナバター(自作)
岩塩(サンド)
蜂蜜(保管品or蜂から)
蒸留水(適当)

白身魚のシチュー(炎)
ポポトイモ(ウィン)
ブラックペッパー(バス)
岩塩(サンド)
セルビナミルク(バス)
ワイルドオニオン(保管品orゴブから)
サンドリアカロット(サンド)
バストアブリーム(保管品or釣り)
蒸留水(適当)

ウィンダス風サラダ(風)
アップルビネガー(保管品or自作)
ロランベリー(ジュノ)
ラテーヌキャベツ(バス)
サンドリアカロット(サンド)
ミスラントマト(バスorカザム)
カザムパイン(バスorカザム)
ヤグードチェリー(バス)
パママ(バスorカザム)

バイソンステーキ(炎)
ローレル(ウィン)
ブラックペッパー(バス)
オリーブオイル(ウィン)
岩塩(サンド)
ララブのしっぽ(ウィン)
野牛の肉(ウルガランのウシからのみ。Lv61-65。死ねるwwwふざけんなwww)

雪山のロランベリー(炎)
セルビナバター(自作)
メープルシュガー(自作)
ゼラチン(自作。競売高すぎる)
蟲の卵(クロウラ巣のイモムシから?死ねるwwww)
ロランベリー(ジュノ)
セルビナミルク(バス)
蒸留水(適当)

サンドリアティー(炎)
メープルシュガー(自作)
ウィンダス茶葉(ウィン)
セージ(サンド)
セルビナミルク(バス)
蒸留水(適当)



結果
白パン←自作するも、HQ連発。
      淡い期待を抱きつつ院長に渡そうとしたが面白いぐらい拒否られた。いいから食え。
      3回目にこねてようやくノーマル白パン仕上がる。
      合成しているあいだ、ハイジの件の台詞が頭から離れない。
      『おばあさんに白いパンを!!』
      ペーターのおばあさんならHQでも食べてくれるよな?(意味のない現実逃避)

白身魚のシチュー←ブリームがなぜか一匹だけ倉庫にあって助かった。
             しょっぱなの白パンでいらぬ緊張を強いられたが、普通にできる。
             ナイスノーマル自分。

ウィンダス風サラダ←以前ねえさんから貰ったアップルビネガーを感謝しながら使う。
              見事HQ【音楽の森サラダ】仕上がる。
              だから普通のじゃないとダメなんだって!!聞いてんのか!!(誰が)
              1個ずつしか材料を買っていなかったため、再び各倉庫を走らせる。
              悪夢再び、になってもいいように全て1Dずつ買う。
              誰かこのときの自分に、「別に1Dじゃなくても2個でいいんじゃ?」って
              声かけてくださいおねがいします11個ずつ余っt

バイソンステーキ ←肉以外の材料はすんなり揃った。
             が、肉がどこぞの調理師に買い占められ、一切市場に出なくなる。
             そしてバイソンステーキに履歴が。
             てめぇそれまで9千Gだったもんいきなり10万Gにするんじゃねえ!!!!
             しばらくして、4万Gで売りだす人が現れ即買い。
             何か感覚がおかしくなっているようだが気にしたら駄目だと言い聞かせ
             次のレシピにうつる。

雪山のロランベリー ←ゼラチンもアレだが、蟲の卵がとにかくない。
               ジュノ下層で売っていたのを思い出し、飛んでいって買う。
               10万とか4万とか見たあとだったので
               5千G台の値段に酷く安心感を覚える。高いぞ。しっかりしろ。

           
サンドリアティー ←特に問題なく自作。




時間切れ、続きは後日

=======Σε´д`)10/12追記Σε´д`)========

全部NQで揃えて改めて水の区・図書館へ行く。
ヒラ院生の袋タルが「フルコースを食べてみたいって院長が言ってたから贈りたい」というのは
やはりウソだったらしく

6品を目の前に院長は怒っているかの如く戸惑っていた。

脇から駆け寄ってくるヒラ院生袋タル。
なんかお前すげー喜んでるけど、目の前の院長おいてけぼりだがいいのか?

そして一方的に探していた本を渡された。時価5万G。←根にもっている

c0043843_1593911.gif「なんとなくこうなると予想はついていたが、
   まさかあれほどとは思わなかったな。」

山賀君wwwww何達観してんだよwwwww


とりあえずもうウィンに用はないのでジュノに戻る。


<ジュノ上層>

くねくねミスラに報告。
結構貴重な情報だと思われる本の内容を自分らに読み聞かせるくねくねミスラ。
そんな道の真ん中で音読したら周りの人まる聞こえなんだが…。機密性のない情報なのか。

で、「なんかようわからん材料」と「ヒミツのおまじない☆」が必要らしい。
材料は取ってきてもいいが、お前まじないって何だよ!
そんな“満月の夜に大好きなカレの髪の毛を清めた水に浸すと両思いに(はぁと)”
みたいなの【袋】は嫌だからな!!
そもそも、まだ付き合ってもいねえ男の髪引っこ抜けるぐらい行動力あるヤツなら
他に方法いくらでもあるだろ!!!

あ、判る人がジュノ港にいるの?ハイ、行きます行きます。
すいませんね勝手に暴走して。
くねくねやっとお披露目。長かった。


<ジュノ港>

判る人ってのは最初に古墳で迷子になってたょぅじょだった。
なんかムービー見る限りでは明らかに「巧みな言葉で連れ出され、誘拐」なんだが・・・。

くねくねミスラは情報を集めて修復方法を探る、
ょぅじょは「ヒミツのおまじない☆」を提供する、
自分らは・・・たぶん「なんかようわからん材料(スライム系からドロップの模様)」を持ってくる、

なんだろうけど特に何の指示も受けず
ただ『クエストおわりましたー!キャホーゥ!』の例のファンファーレが鳴っただけだった。


くねくねミスラに再度話しかけても(バナ時間、リアル時間でそれぞれ1日置いた)
絶対に用意されているであろう続きクエストが発生する気配すらなかった。



あ、クエストクリア報酬?

「ヤーガウミガとの親密度がアップした!」でしたが何か?
[PR]

by excedrin | 2005-10-11 14:24 | FF11<フェロー>


<< 気高く咲いて美しく散る      全裸で。 >>