2010年 01月 22日
飛び出てジャジャジャjang
ちょと前に「アバター」見てきました。

去年から横の人の休みが週一程度で、
疲れ気味でキツいかなあと心配だったんですが
久しぶりに前情報ゼロに近い状態で興味わいた物件だったんで動きました。
いつもなら「一年ぐらい待てばTVでやるだろうから、そんとき見ればいいかあ」ってなるんですが
さすがに3Dは映画館じゃないとな。


この映画を知ったのは、去年の秋頃。

一作目から大好きで大好きで
ちゃんと日本で公開したものは欠かさず見ているシリーズ物の映画が
3Dでしかやらねえってんで横の人と見に行ったときに「アバター」の予告編が流れて
(空飛ぶ家の予告も流れた。TVでさんざん見てた映像だけど、全くベツモノってぐらい魅力的に見えた。3Dの予告は3Dじゃないと良さわかんないなあと思った)
「なんかこれ面白そうじゃね?」と意見が一致したので
今回の外出と相成りました。

ああ、そんとき見た映画は“ピタゴラスイッチ的痛快スプラッタグロ映画”でしたが。
今までは字幕か吹き替え選べたのに、
あんな有機物やらこんな無機物やらが飛び出すよ!、というのが見どころの3Dなので、
おまえら字幕読むヒマなんてねえだろとばかりに強制的に日本語吹き替え一択で
壊滅的な台詞まわしに痛快さ6割減、
グログロしさ満載の映像にぐぐいと引き込まれた瞬間に
棒読み絶叫によって現実にスパーンと引き戻されるという忙しさでした。
「これはひどい」って言いながらプンスカ帰宅したのもいい思い出です。


でも、「アバター」は大作だから3Dでも字幕、吹き替え選べるよ!
しかも2D(フツウの)もあるよ!シネマコンプレックス内に同じ映画が異なるVerで三種類も!
つか3Dのふつくしい映像を堪能するのがウリなのに2Dて何さ!!
300円の追加料金ケチってもいいことないのになあ!なあ!


内容も、映像も、すげえよかったです。
EQぽいというか、ゲーム好きな自分らにジャストフィットの話というか。
約3時間という長丁場ですが、ややこしくもなく、簡素でもなく楽しめるブツでした。
なんか久しぶりに原作読みたいとか思った。
思ったんだけど、これ監督がじりじり考えたオリジナルだったのね。
ホント何も調べずに見に行ったから、てっきり自分の知らない海外の有名小説が原案だと思ってたよ。


自分が好きな映画っていうと絶対あげる作品に「ギャラクシークエスト」っつうB級SFがあるんスけど
そこに「パイオツが大きいことが売りの紅一点クルー役の女優」として出てた人が
今回植物学者役で出演してました。なんか見たことあるなあ、って思ってたんだ。
まあ、シガニー・ウィーバーなんですが。

相変わらず年齢不詳でいい具合でした。
[PR]

by excedrin | 2010-01-22 22:10 | リアルァ


<< ごぶさTER      ムチムチ女教師は正義(FF13) >>